(実演付き!ルプルプの正しい使い方)白髪を効果的に染めるコツとは

ルプルプの使い方について

ルプルプは口コミでも人気の白髪用ヘアカラートリートメントです。
ルプルプ

 

 

ルプルプで白髪を染めたけど、

  • 染まりが悪かった
  • ムラができた
  • 色持ちが悪かった

という口コミを稀に見かけます。

 

その様な場合、そもそもルプルプ使い方が間違っている、または効果的な白髪の染め方、使い方を知らない方が多いようです。

 

せっかくルプルプで白髪を染めるのでしたら、ちゃんと染めたいですよね?

 

なので、実演付きでルプルプの正しい使い方を説明します。

 

 

実演付き!ルプルプの正しい使い方

ルプルプのパッチテストのやり方は、ルプルプ付属の説明書に書いてある以下の手順になります。

  1. 適量のルプルプを手に取る
  2. ルプルプを髪全体に塗る
  3. 一定時間放置する
  4. ルプルプをしっかりとすすぎ落とす

 

では、1手順ずつ詳しく実演しながら説明します。

適量のルプルプを手に取る

まず、手は水に濡らしておくか、手袋をしておいてください。
あらかじめ手を水に濡らしておくことにより、手に付いたルプルプを洗い流すのが楽になります。

 

それでも、爪の中に入ると取りにくくなるので、手袋をおススメします。(体験談)
前回、染めた時に、爪の中に入ってしまったので、今回はビニール手袋をしました。

 

次に、適量のルプルプを手の平の上に出します。

適量ってどれくらい?

こちらが1回に使う量の目安です。

髪の長さ 全体染め 部分染め
ショート ゴルフボール大3個分 適量
セミロング ゴルフボール大5個分 適量
ロング ゴルフボール大6個分~適量 適量

※ただし、髪の量によって変わってきます。

 

ゴルフボール1個分ずつ何回かに分けて、手に取り髪に塗ると良いですよ。
なお、ゴルフボール大1個分は約10gで、これぐらいになります。

 

ルプルプをゴルフボール大1個分

 

ケチらずにたっぷり使うことが、きれいに染めるコツです。
見た目はグロテスクなんですが、ラベンダーの良い香りです。(^^♪
見た目と匂いにギャップがありますね。

 

ルプルプを髪全体に塗る

次に、手に取ったルプルプを髪全体に塗ります。

 

きれいにしっかり染めるために髪の毛を

  • 整髪剤が付いていないこと
  • 乾いていること

の状態にしておいてください。

 

髪に整髪剤や水分など余分な物が付いていると、染まり具合が弱まったり、色ムラの原因になります。

 

なので、先にシャンプーで整髪剤をしっかりと洗い流します。
その後に、ドライヤーやタオルドライで髪の毛をしっかりと乾かした状態にしておいてください。

 

髪の毛を染めやすい状態にしたら、ルプルプを髪全体に塗っていきます。

 

塗り方は、手でルプルプを髪全体に揉み込む要領で馴染ませていきます。
その時に、白髪が気になる部分は特に念入りに馴染ませましょう!

 

手でルプルプを塗っている

 

 

次にコームを使って、手では届きにくい生え際や根元などの細かい箇所にルプルプを馴染ませていきます。
コームの使い方は、ただ上から撫でるように通すのではなく、上から下、下から上、外から内、内から外に縦横無尽にコームを通すようにしてください。

 

コームでルプルプを塗っている

 

このように髪全体にルプルプを浸透させることにより、色ムラを防ぐことができます。

 

一定時間放置する

髪全体にルプルプを塗り終えたら、次は20~30分放置します。

 

放置している間に、温めることが染まりを良くするポイントになります!
美容院でカラーをした時に、UFOみたいな機械で頭部を温められるのは、実はそのためなのです。

 

なので、ルプルプに付属しているシャワーキャップ、またはラップで頭を覆い保温します。

 

シャワーキャップとドライヤーで髪を温めている

 

その上で、さらに温める工夫をします。

 

例えば、

  • 保温キャップを被る
  • 蒸しタオルを乗せる
  • ドライヤーで温める

 

私の場合、シャワーキャップを被って放置中にドライヤーをあてて髪全体を温めました。
ドライヤー

放置時間は30分を限度に!
染まりを良くするために、1時間など長時間放置している方も見えます。
ですが、ルプルプ付属の説明書には以下の注意書きがあります。

放置時間が長いほど染毛力が上がりますが、30分を限度に洗い流して下さい。
逆に頭皮の塗料が落ちづらくなり、痒みの原因となる可能性があります。

 

放置時間につきまして
出典:ルプルプ公式サイト

 

確かにその通りですね!
頭皮のトラブルを心配して、わざわざ無添加のルプルプを選んで使っています。
なのに、メーカーの説明を無視して1時間も放置するのは、無茶な使い方をしていると言えますね。
そんな使い方で、頭皮にトラブルが起きたら本末転倒ですよね。(^_^;)

 

なので、私も放置時間は説明書通りの30分間にしました。

 

ルプルプをしっかりとすすぎ落とす

放置時間が経過したら、ぬるま湯でルプルプをすすぎ落します。
流れ出る水が、ブラウン色なので「うっ」と思うのですが、良い香りがフワーとします♪

 

ルプルプをぬるつきが無くなるまですすぐ

 

ここですすぎが甘いと、

  • 頭皮のかゆみや炎症
  • まくらやタオルへの色移り
  • 雨や汗による色落ち

の原因になることがあります。
なので、しっかりと洗い流すようにしてください。

 

その後、シャンプーで髪を洗い、トリートメントで整えて終わりです。

 

しっかりと洗い流したつもりだったのですが、シャンプーの泡がブラウン色でした。

 

なので、まだすすぎが足りないと思い、もう1度すすぎからやり直しました。
今度は、さすがにシャンプーの泡が白色だったので、トリートメントで整えて終わりにしました。

 

髪を乾かしている時に、髪の毛が多少ゴワゴワする感じがありました。
でも、2剤まぜるタイプの白髪染めのゴワゴワ感に比べたら全然比じゃありません。

 

ルプルプが髪に与えるダメージの少なさを実感しました。

 

 

ルプルプの正しい使い方は以上です。
お疲れ様でした。m(__)m

 

 

バスタオルに色移りしませんでした!
ルプルプ後に、このバスタオルでタオルドライしたのですが、まったく色移りしませんでした。
タオルに色移りしていない

 

まとめ:ルプルプの使い方、コツ、注意点

最後にルプルプできれいに染める使い方のコツ、注意点を簡単にまとめます。

準備する物

  • 手袋(手を水で濡らして、代用してもOK)
  • コーム
  • シャワーキャップ、またはサランラップ
  • ドライヤー、保温キャップ、蒸しタオルなど髪をあっためるものがあれば尚可

使い方手順

  1. 適量のルプルプを手に取る
  2. ルプルプを髪全体に塗る
  3. 一定時間放置する
  4. ルプルプをしっかりとすすぎ落とす

ムラ無くきれいに染めるコツ

  • 整髪剤や水が付いていない素髪にルプルプを使うこと

色持ちを良くするコツ

  • 放置時間中に温めること

気を付けること

  • 30分以上放置しないこと
  • しっかりとすすぎ落とすこと

その他の注意事項

ルプルプを使う前後1週間は、美容院でパーマやカラーを控えてください。
変色の原因になることがあります。

 

美容院でパーマやカラー

さらにルプルプの色持ちを良くするシャンプーもありますよ

説明したルプルプの使い方で、色持ちを良くすることができます。
さらに色持ちを良くされたい方は、ルプルプの姉妹品のヘアカラー用シャンプーをおススメします。
このシャンプーを使うことにより、さらに髪色の退色を抑制して長持ちさせる効果が得られます。

 

ヘアカラー用シャンプー

 

(ルプルプのヘアカラー用シャンプーの詳細はこちら)

page top