ルプルプで染めた髪ってプールで色が落ちる?色を落とさない方法とは

ルプルプのプールについて

ルプルプは口コミでも人気の白髪用ヘアカラートリートメントです。
ルプルプ

 

ルプルプで染めた色がプールで落ちてしまうって本当!?

 

せっかくルプルプなどのヘアカラートリートメントで髪を染めても、プールで色が少し落ちしてしまうことがあります。

  • なぜプールで色が落ちしてしまうのか?
  • どうしたら色落ちを防ぐことができるのか?

調べてみましたのでシェアします。

 

 

なぜプールで色が落ちしてしまうのか?

プールの水で髪が傷み、ルプルプで染めた色素が外(プール)に流れ出てしまうからです。

 

プールの水には塩素が含まれています。
この塩素はプールの雑菌を消毒する重要は役割を持っているのですが、私たちの髪の毛にとっては天敵になるのです。

 

髪が塩素に触れると、髪を守る役割をしているキューティクルを剥がしてしまうのです。

 

 

キューティクルは髪の毛をガードしてくれる保護膜

 

 

キューティクルが剥がされることにより、悲惨なことに髪は無防備な状態になってしまいます。(>_<)
それによって、せっかくルプルプできれいに染めた髪の色素が髪の毛の外(プール)へ流れ出てしまうことが原因です。

プールに入る前に塩素から髪を守るために、ヘアオイルなどで髪表面をコーティングしておきたいのですが、ほぼ全てのプール施設で禁止されている行為になります。

 

プールに塩素は必要ですし、髪の毛をコーティングしておくこともできない。
ではどうすれば、プールに入っても色落ちし難くできるのか説明します。

 

どうしたら色を落とさずに済むのか?

髪の毛をプールの水(塩素水)に極力触れないようにすることが大切です。

 

スイミングキャップを被った女性

 

具体的には、

  1. あらかじめ髪に水道水を含ませておくこと
  2. 防水性が高いスイムキャップを被ること
  3. プールから出たら塩素をしっかりと洗い流すこと

になります。

 

1つずつ詳しく説明します。

あらかじめ髪に水道水を含ませておくこと

プールに入る前のシャワーで、あらかじめ髪を水道水でたっぷりと濡らしておくことにより、髪にプールの水(塩素水)が触れ難くなる効果があります。

 

防水性が高いスイムキャップを被ること

防水性が高いスイムキャップを被るこにより、髪がプールの水(塩素水)に触れ難くなる効果があります。

 

スイムキャップは、シリコンキャップを使ってください。(メッシュタイプでは防水性がありません)

 

シリコンキャップは、その名の通りシリコンでできているキャップのことで、水を通さないというメリットがあります。
なので、プールの塩素水で髪の毛を傷めたくない方に愛用されています。

 

プールから出たら塩素をしっかりと洗い流すこと

プールから出たら、できるだけ早くシャワーで塩素をしっかりと洗い流してください。
シャンプーやコンディショナーが使える施設でしたら、トリートメントしてしっかりと髪のダメージをケアしておきましょう。

 

できるなら、施設に置いてある業務用のシャンプーやコンディショナーではなく、しっかりと髪のダメージをケアしてくれる良質なシャンプーやコンディショナーを用意しておくと良いでしょう。
施設のロッカーに常備しておくと便利ですよ。

 

ルプルプ薬用シャンプー、トリートメント
ルプルプには姉妹品のシャンプーとトリートメントがあります。
ルプルプとも相性が良く、ノンシリコンで髪を傷めずにしっかりと髪のダメージをケアできます。

 

ルプルプ薬用シャンプールプルプ薬用トリートメント

 

あと最後に当たり前なのですが、できるだけ頭をプールにつけないように泳いでください。^^

関連記事の紹介

page top